派遣

無理のない働き方は、パート勤務だけじゃない!

結婚してからフルタイムで働くのはやめてパートに切り替えるという女性は少なくないようです。家事との両立を考えたり、出産や子育てのことを念頭に置きつつも、「社会とつながっていたい」「将来に向けてお金を稼いでおきたい」という意識があると、パートという選択肢のほうが融通が利くからでしょう。 しかし、パートから派遣に切り替えて、より充実した仕事をしている女性の事例もあります。パートで働くという形をとると、福利厚生がフルタイムのときと同様に与えられないことがあります。しかし、派遣会社を通して仕事をしていると、福利厚生が保証されるケースが近年増えています。これは、福利厚生の内容を充実させることで、女性の登録数を増やそうとしている派遣会社の思惑が影響しているのでしょう。 派遣会社が完備している福利厚生の中には、子育てに関するものも多いので、女性は魅力的に感じることでしょう。大手の企業と業務提携をして、その会社が保有している保育園を利用できるということもあるようです。また、ベビーシッターやハウスキーパーのサービスなども格安で提供されるケースもあり、子育てに苦労しやすい世代の女性を助けてくれます。 それに加えて、派遣の仕事は自分に合った勤務時間や職種の仕事を選びやすいため、子育てをしながらでも無理なく自分のペースで働くことができます。フルタイムの勤務が難しく、パート勤務を検討している方は、ぜひ派遣の仕事にも注目してみてくださいね。福利厚生が充実している派遣会社の仕事なら、もしかするとパートよりもメリットが大きいかもしれませんよ。

派遣は既婚女性におすすめのワークスタイル!

既婚女性にとって、子育てと仕事の両立は大きな課題になります。仕事を充実させようと考えると連日のように大半の時間を職場で過ごさなければならなくなるでしょう。しかし、不安定だと思われがちな派遣で働く方法は、実はメリットが多く、自分で仕事を選んで自由にスケジュールを組むことができます。 派遣の仕事は子育ての段階に応じて時間を作りながら働くことが可能です。そのため、無理なく仕事をしたい方にとってはうってつけなのです。しかも、派遣のメリットはそれだけではありません。福利厚生が充実している派遣会社が増えているのも嬉しいポイントです。育児休暇の取得ができたり、フレックスタイムを導入している企業の仕事があったりもします。また、医療機関などでは、派遣社員でも利用できる託児所がある職場もあるそうです。 子育てに関する支援制度は派遣会社や派遣先の職場によって異なりますが、女性向けの仕事を多く扱っている派遣会社を選ぶと、女性ならではの福利厚生がより充実していることが多いでしょう。派遣会社の中には、在籍するスタッフのためにベビーシッターの紹介を行っていたり、家事代行サービスが安く利用できる特典を設けたりして、育児や家事の負担を減らすことで女性の社会復帰をを支援するという形をとっている場合も見受けられます。 ですから、自分の考え方に合わせて上手く活用すれば、子育てと仕事を両立しやすくなるでしょう。派遣の仕事は決まった期間のみの契約になりますが、その分多くの職場を経験できます。また、育児が一段落し、フルタイムで働けるよになると紹介派遣を利用して正社員雇用も目指せるので、既婚女性はぜひ働き方の選択肢に加えてみてください。