医療機関が福利厚生の充実を図るワケ

仕事をしたい女性にとって大切なのが、子育ての時期を上手く乗り切ることであり、子育てに関する福利厚生が充実している職場は魅力的です。女性の多い医療の現場では、一般的に子育てのための福利厚生が様々な形で充実しているため、仕事をしながら子育てもすることも可能です。ほぼ全ての現場で共通していることですが程度の差はあるので、仕事を探す際は子育て中の女性のための福利厚生についての情報収集をしっかりと行うようにしましょう。

一般的な傾向として、忙しい現場ほど福利厚生が充実しているようです。なぜなら、忙しい現場では、支援をしなければ女性が働き続けられないからであり、そうなると仕事は滞ってしまいます。その上切実なのが、現場で育て上げた貴重な人材が外部に流出してしまう可能性が増すことです。ようやく現場に慣れてくれた女性が離職したまま戻ってくることがなく、他の職場で復職すると育て上げた側としては残念な状況になってしまいます。そのため、復職しやすい環境を整えて、結婚後も活躍してくれることにより現場の戦力になって欲しいという願いを込めて、福利厚生の充実が図られているのだと思います。

育て上げてきた人を確保する手段にするためには、育児休暇が取得できるだけでなく、その後の支援も重要になります。女性はライフステージ変化しやすいので、福利厚生を充実させ、仕事と家庭の両立を手助けをするkとは、人材確保に大きく貢献できるでしょう。

今後はワークングママが今まで以上に増えることが考えられます。女性の活躍が目覚ましい業界は、医療業界に限らず、働きやすさに注目した福利厚生の充実を目指さないと、優秀な人材は得られなくなるかもしれませんね。